o-T-Sim

o-T-Sim

実輝度走行環境シミュレーション

環境パラメータや先進ランプ機能
他車運転行動まで精緻に再現

製品概要

o-T-Sim(オーティーシム)は、自動運転検証用途・先進安全ランプ機能検証用途などの走行環境シミュレーションです。o-T-Recordと連携し、実環境の輝度分布と比較することで、太陽・空等の環境パラメータの調整及び検証を行っております。

多数の自動車の協調交通シミュレーションからランプ機能検証まで、先進テクノロジーを持つ自動車に必要なシミュレーションをご提供致します。

HALDiS® との連携や各種ハードウェア連携サービスもご提供できます。

詳細な仕様・機能はお問い合わせください。

用途例① 車載カメラ検証への入力

検証済み環境パラメータ・精緻な道路線形・自律交通機能

車載カメラ検証を実施するには、実走行実験が必要となります。しかし、事故直前や悪天候シーンでは、走行実験が困難です。また、完全に同一な状況を再現することも不可能です。そのため、自動運転技術の検証には、シミュレーション技術の活用が求められます。

シミュレーション検証で鍵となるのは、シーンの明るさ分布、道路形状、他車交通の挙動です。o-T-Simはこの3つを高い水準で満たしております。

用途例② 先進ランプ機能検証

数百を超える光源のリアルタイムシミュレーション

配光データを用いたヘッドライト光再現や照度センサシミュレーション、AHS や ADBといった先進機能再現などの、ヘッドライト検証機能を搭載。数百を超える多数の光源を持つADB のシミュレーションもリアルタイムで描画可能。ハードウェアとの連携検証も可能で、次世代ランプの試作品の削減や開発時間の短縮が可能となります。

用途例③ 半自動運転HMI検証

現実に近い描画で、より正確な人間工学実験へ

o-T-Sim とハンドル・ペダルを連携することで、手動運転になります。自動運転と切り替えることで、半自動運転HMI(ヒューマンマシンインターフェース)実験・検証ができます。また、安全・エコの啓発ドライビングシミュレータとしてもお使いいただけます。

PAGETOP
© 2018 OCTEC Inc.